禁煙対策 問題

MENU

禁煙対策に関わる問題点

もし禁煙対策を施して、何も問題が起きないのであれば、それに越したことはありません。
しかし、実際に現実を直視してみると、問題点が色々と浮かび上がってくることが分かります。

 

では、禁煙対策に関わる問題点としては、どんな点が挙げられるでしょうか。

 

まず、禁煙対策とは言えども、全ての場所を禁煙にすることはできないということです。
もし日本国内のどこに足を運んでもタバコの一本も吸うことができないようでは、愛煙家の方々からしたら、正直たまったものではありません。

 

これではタバコ休憩すらすることができないですし、ストレスの原因となるのは目に見えています。

 

そこで、全ての場所を完全に禁煙とするのではなく、一部の場所は喫煙をして良いと許容することになります。
そこで取られている方策としては、喫煙所を設けることです。

 

これなら気兼ねなくタバコを吸うことができるのですが、この喫煙所付近を歩くことで、
タバコの煙を吸ってしまうという点は否定できません。

 

次に、事務所や工場などの中には、分煙にしているケースもあることです。
この場合、上手く分煙することができると良いですが、空間的に問題がある際は、せっかくの対策も上手くできないどころか、禁煙の場所にタバコの煙が入ってくるようなこともあります。
これでは、当然ですが、受動喫煙をする羽目になってしまい、かえって健康に害をもたらすことになります。

 

以上の点が、禁煙対策の主な問題点となります。