禁煙 対策

MENU

受動喫煙のリスク

受動喫煙には、私達の想像を超えるようなリスクが存在します。
このリスクについて知っておくことも、禁煙対策について知る第一歩になると言っても、決して過言ではありません。

 

もし受動喫煙のための対策を全く行うことをしなければ、本当の禁煙対策とは言えないぐらいです。

 

では、受動喫煙には、一体どんなリスクがあると言えるでしょうか。

 

まず、受動喫煙によって、一体どれだけの人たちが命を落としているのでしょうか。
一説によれば、年間でおよそ3600人もの人が、受動喫煙によって死亡していると言われています。
この数は決して少ないとは言えません。

 

たかが受動喫煙なのに、これだけの人たちの命が冒されているのですから、決して他人事のように捉えることはできません。

 

では、なぜ受動喫煙によって、これだけの大きなリスクを背負うことになるのでしょうか。

 

それは、受動喫煙の際に体内に取り入れる煙にあります。
この煙の害は、決して小さいものではないからです。タバコ本体を吸うよりも、2倍以上有害なのです。
これでは命にまで及ぶのも、無理はありません。

 

また、もし受動喫煙がなされているのにそのまま放置をしておけば、企業にとっては人財を失うことにもなりかねません。
人財は企業に利益をもたらし、世に価値を提供するためには欠かすことのできない存在ですし、下手すると企業の存続そのものが危ないという結果にもなりかねません。

 

このように、受動喫煙には、本人のみならず、社会全体にも影響を及ぼすからこそ、これを防ぐための禁煙対策が必須になります。