MENU

医療費の減少に関するメリット

禁煙対策をすることによって得られるメリットは、個人的なメリットのみではありません。
医療費に関するメリットも十分に考えることができます。

 

もちろん、このメリットについて知っておくことも、禁煙対策の一環としては欠かすことのできないぐらい、非常に重要なポイントになります。

 

では、一体どんなメリットが考えられるでしょうか。
それは、医療費を無駄にすることがなく、むしろ余計なコストをカットすることができるという点です。

 

言うまでもなく、喫煙をすることによって、病気にかかるリスクは非常に高くなります。
能動喫煙であれ受動喫煙であれ、喫煙そのものにメリットはありません。
医療費だって高くなるし、国全体としての予算の負担だって増加してしまいます。

 

さすがにあまりにも負担が大きくなってしまっては、金銭的にかなり大変な状態に陥ってしまいますし、
それならば、医療費を何とかして下げることも、禁煙対策の一環になります。

 

もし禁煙を決意し、そのまま禁煙を続ける人が増えるようになれば、健康の面から考えても、経済の面から考えても、非常にメリットが大きいと言って良いのです。

 

実際に年間単位で喫煙者と禁煙者の医療費を比較してみると、1万円近くの違いも生じていることさえあるのです。
もし100人比較すれば100万円違うのですから、この金額の違いは、決して軽視することができません。
このようなメリットを考えてみることも、まさに禁煙対策の1つになるのです。